スムジェシカのダイエットヒストリー

スムジェシカのダイエットヒストリー&ストーリー

目次2

 

2004年~2006年3月(中学生)

昼食を抜くなどの食事制限ダイエット。けれど、おやつを抜くことはしていなかった。とくに甘いものをすごく欲していた時期。また油っぽいものも好きな時期でニキビがひどかった。。

 

私がダイエットをはじめたのは今から約10年前、中学生【2004~2006年)頃でした。身長が20センチ(!)急激に伸びた時期だったのですが、その時点では体重は変わらず。

 

標準体型だったのが少し痩せ型になったのがきっかけでダイエットをはじめたのでした。

 

普通、ダイエットといえば…理想体重からかけ離れてしまったのでそれを元に戻したいという動機からスタートするのかもしれません。ですが、私の場合、理想体型に身長が伸びたことで近づき、これを維持したいという思いに強くかられました。これがダイエットのスタートとなったきっかけです。

 

はじめは、食べないというダイエットを行っていました。食べない以外は特に何もしていません。これは、ダイエットというのでしょうかね(苦笑)。当時は楽して痩せたいという思いで運動なども特にしていませんでした。

 

2006年4月~2008年3月(高校生)

高校受験期が始まる直前まで、3食の内1食を抜く等。中学の頃と変わらず炭水化物や油っぽいものを常に摂っていた。しかし、高校進学を機に、3年間は、朝食をヨーグルトやフルーツに変更。これまで朝食はたっぷりと摂っていたのをやめたところ、お通じがよくなった。朝のストレッチ(学校へ通う前に)も。

 

毎日なんとなく食事を1食抜くなど、ゆるいダイエットを行っていましたが、高校2年生の時点で中学の段階から体重はおよそ6~7キロ増え、昔の体重がいつの間にか理想体重となっていました。食べないダイエットを行っていたものの、結局食べている量の方が多くて太っていたのです。

 

そこで3年生受験期の約1年間受験と共にとできる範囲のダイエットを自宅で行うようになりました。内容としては、朝のストレッチ、3食をカロリーコントロールすることです。朝のストレッチは気分をあげてくれるだけではなく確実に痩せる一歩に近づきます。ストレッチをすることで体が伸び、その後ヨーグルト、フルーツメインの朝食を摂ることで腸がうまく動いてくれていたのです。結果、便秘解消、体重も着実に落ちて行きました。

 

そのときは特に気にして間食もしないよう心がけました。ただこれですとストレスがたまりました(笑)だから、夜たっぷり食べることを目標に日々生活していましたね。

 

2008年4月~2011年3月(大学生)

大学生の頃はエステサロンに行くなどお金をかけてダイエットを行っていた時期。半年くらい契約をして、痩身を主に、むくみダイエットなどを行っていました。

 

何か商品等を購入してダイエットに取り組むようになったのは、大学生になったときからです。当時2009年春、渋谷駅で大々的にサプリメントのサンプリングを行っていて、それをお試しで飲んでみたり、学校付近で勧誘していたエステサロンの痩身のお試しコースを受けたり、とりあえずお試しを活用して様々なダイエット方法を経験しました。

 

学生ということもあって、お金に余裕が無いときでしたが、アルバイト代をほぼはたいてお金を1番かけていた時期です。でも、エステサロン契約は多くても半年分まで、その後は新しいエステサロンへ通うようにしていました。そうしないと、どんどん高いコースを延々と勧誘されるので、経済的にも精神的にも疲れてしまうからです。エステはもういいかな(笑)

 

2011年4月~(社会人)

3食の内1食をスムージードリンク等に置き換えるダイエット。このサイトで書いているようなことを行っています。

 

現在のダイエットスタイルが確立された時期のスタートとなる時期が来ました。それが社会人になってから。現在進行中です。社会人になって、お金がある程度かけれるようになった引き換えに時間に余裕が無くなったかも、と感じたのがきっかけで「エステサロンへ行くだけではなく、もっと身近な生活面でダイエットができないだろうか?」と考えるようになりました。

 

具体的には置き換えダイエットです。スムージー以外にもいろんなパターンを実践してみました。

 

 

  • 3食の内1食を酵素ドリンクにする
  • 食べ過ぎたその日のうちに酵素サプリメント飲んで翌日の便通をよくする
  • 間食をする代わりにダイエットドリンクを飲む
  • 腹ましフードを食べるなどしてカロリーコントロールをする

 

 

・・・などなど食事に気をつかうようになりました。

 

高校生の頃と違うのは、多少知識と経験がついたので(笑)やみくもに食事を抜くということではなく、健康を害さない程度に、そしてリバウンドを避けるための食事制限をするようになりました。

 

社会人の今の時期は食事制限と同時に運動も行うようになりました。小さい頃からスイミングを習っていたので、現在はプール有りのスポーツジムに通っています。プールのほかに機械も使用できるジムとなっているのですが、あえて機械のフロアには足を運んでいません。なぜならば、綺麗な曲線の体のラインを維持するのが厳しくなるからなんです。私、筋肉トレーニング系は素人で不安ですし。

 

実際、スイミングを1時間ちょっと泳いでいるだけで、ふくらはぎ、ひざ上がパンパンにむくみます(笑)でも、このむくみ、ただのむくみではなくて、いずれ筋肉になる部分だったりするんですよね。ですので、これプラスでジム機械を用いて運動をしたら、体はたくましくなりすぎて、私が理想とする細いラインはなかなか難しいと思っています。

 

カロリーを適度にコントロールする目的でスイミングを行っていますので、スイミング以外の運動は徒歩での散歩程度におさえています。もっと大人になりたくましい、けれど女性らしい体型になりたいと思ったときにジム機械を用いた運動方法も生活の中に取り入れたいと思っています。例えば、マドンナに憧れる方はマシンもいいと思います!できれば、ライザップのような専門トレーナーの指導を受けられる環境がベストでしょうね。

 

2014年7月~(スムジェシカ)

スムジェシカ誕生ストーリーに続く・・・

 

return top