スムージーの持ち歩き・持ち運びに関する保存方法と携帯グッズ

     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Instagram

スムージーの持ち歩き・持ち運びに関する保存方法と携帯グッズ

最初に大前提をお話しておきますが、基本は、つくりたてを飲むのがやっぱりベストです。ビタミンミネラルも酵素も、光や熱や酸化にとても敏感で弱いものだからです。時間経過による劣化を避けることはできません。味覚的にもつくりたてが最もフレッシュさを感じられます。

 

「そんなことはわかってる!でも・・・」

 

そういう方だけ、この記事を読んでくださいね。

 

目次

 

スムージーの持ち歩き・持ち運びに関する保存方法

スムージーの持ち歩き・持ち運びに関する保存方法

翌日飲んでも大丈夫?日持ち、変色・変化は?・・・ってあたりがテーマになってくると思います。私の場合、朝食としてスムージードリンクを飲むことが多いのですが、前日の夜寝る前にスムージードリンクをつくっておいて、翌朝飲むようにしています。

 

スムージードリンクって日持ちがしそうにないけど…というお声がもあるかと思います。確かに日持ちはしません。どれくらいの期間かといいますと、以前7日分一気に作り(笑)、冷蔵庫に保存してみましたところ、コップの底に見事にカビが生えました。。。やはりミキサーでスムージー状にしているとはいえ、「なまもの」であることにはかわりはありません。そこで私の経験によって学んだ対策方法をまとめてみました

 

スムージーをつくって冷蔵する

スムージーをつくって冷蔵する

メイソンジャーなどに飲み残したスムージーをラップにかけて冷蔵庫に入れておけば、翌日に飲んでも平気でしょう。ただし、ビタミンの減少、色の変化、酸化などの品質劣化は免れることはできません。味はともかく、スムージー本来100%の効果・パフォーマンスを得ることは難しいと思います。

 

当然、日持ちも期待できませんし、入れ物や空気を真空にするなどの工夫は気休め程度にしかなりません。ですから、「何日持ちますか?」「何に入れてしまえばいいですか?」という質問は、ナンセンス。私たち人間と一緒で、賞味期限なんてないの(でも確実に歳は取っていく・・・)!

 

特に猛暑で暑いときなんかは最悪ですからね。作り置きをするとしたら、「朝食で飲む予定だから前日の寝る前に」という短時間の間でなら良いと思います。心配なのは、「お腹を壊してしまわないか?」ということ。「作り置きしていてもしもすでに飲むことができない状態になっていたとしたら?」気になってしまう方は、その状態を見抜けられるポイントがあります。

 

それは、変色。スムージードリンク全体を底から上までまじまじと見てみてください。どこかしら変色しているところはありませんか?基本的にはスムージードリンクを保存するときには、保存しておくつもりのスムージーの中にフルーツを入れることはしてはいけません

 

フルーツはあくまで飲む直前にトッピングとして入れるのが理想的です。もしも、フルーツが既にスムージードリンクの中に入ってしまっていて、冷蔵庫で保管しますと、たとえ冷やしていたとしても、カビが生えるまでのタイムリミットが一気に加速してしまいます。

 

スムージーをつくる前に食材を冷凍する

スムージーをつくる前に食材を冷凍する

スムージーに使う食材は、とれたて=新鮮であれば新鮮なほどベストですが、冷凍しても大丈夫です。忙しい現代では、数日分まとめ買いすることがほとんどですから嬉しいですよね。しっかりと凍らせたほうが、ふわふわしたスムージーがつくれるので、最低一晩は冷凍庫に寝かせておきたいところです。

 

  • フルーツ・・・一口大に切り、1かけらずつ平らになるよう保存袋にいれて凍らせる
  • 緑の野菜・・・専用の保存袋、もしくは新聞紙で包んで立てて冷蔵庫の野菜室へ

 

保存袋に1かけらずつ平らに入れるのは、凍った後に必要な分だけ折って取り出せるようにするためです。その際、ふとん圧縮パックのイメージでストローなどで真空状態にする美味しさを保ったまま、なおかつ早く冷凍することができます。もちろん、スムージーをつくるときの時間短縮にもなります。

 

冷凍に向かない食材もある

冷凍に向かない食材もある

葉物野菜、柑橘類、キウイなどはできれば冷凍せずに、購入する量を調整したり、優先して使っていきましょう。

 

スムージーの持ち歩き・持ち運びに関する携帯グッズ

スムージーの持ち歩き・持ち運びに関する携帯グッズ

保存容器・入れ物・空気については、変色そして変化しづらい保存容器ってあるんですよ。水筒・タンブラーが代表的です。これら2つの特徴は保冷効果が強いということ。直射日光を万が一浴びても日の到達時間が圧倒的に遅いことからも保冷効果が高いのが分かります。

 

水筒

水筒

外出先に少し持っていかなければいけないというときは水筒を(自宅から通勤場所が遠い場合も水筒にしています)。保冷・密閉機能のある水筒を選ぶことが必須。そうして保冷されているうちに飲みきってしまいましょう。実際に私が一番スムージードリンクを入れていて保存が利くなと思ったのは水筒でした。小さい頃から使っている旧式が今頃になって再び役立つ日が来るとは。

水筒

 

最近の水筒はスタイリッシュで細いものが多いんですよね。これですと、全てのスムージージュースがに入りきるわけでなく、さらに厚みもあまりないのでなんだか保存がしっかりとできていないのでは?と不安に思ってしまうほどでした。ですが、昔の水筒でしたら安心です。これでもか!と思うほどの厚み(笑)形は古いですが機能性は抜群です。

 

タンブラー・スタンド

タンブラー・スタンド

水筒がもしもないという場合でしたら、保温機能がついているタンブラーもオススメです。保温機能がついているタンブラーの購入金額の目安は2000円以上のもの。それ以下のタンブラーはほぼ保温性がないと思って良いでしょう。職場でぱぱっと作ってその場で飲みながら仕事・・・というときはタンブラー、スタンドに入れて飲んでいます。

スターバックス タンブラー 保温 2000

 

また、何らかの販売所のこともスタンド(例:ガソリンスタンド)というふうに呼びます。都内では、原宿・渋谷など流行の先端、六本木・広尾・表参道などセレブな街を中心にスムージースタンドが増えていますよね。

 

そこで購入できるスムージーの容器はプラスチック製のフタ付きカップがほとんど。保存効果は全く期待できません。とくに夏など炎天下の下、長時間車の中で放置しておくなどは最悪。生が売りのスムージーですから、温まって雑菌が繁殖し、お腹を壊してしまうかもしれません。

 

ボトル

ボトル

ボトルはおすすめしません。1,000円台で可愛らしいデザインのものも多くて欲しくなってしまいますが、何せ保冷効果がゼロですから。これも車中に置きっぱなしにしてしまった飲みかけのペットボトルを想像してださい。スムージーでそれをやってしまったら、たちまち生の素材たちが腐ってしまいます。当然、酵素などの栄養成分もすべて死んでしまい、飲む意味がなくなってしまいます。

 

どうしてもボトルで持ち運びしたいなら、信頼性のある有名ブランドで、なおかつ密閉性の高い「飽和ポリエステル」製の持ち運び専用ボトルを使ってみてください。例えば、ナルゲン社のものが有名です。

 

あるいは、アルミ製のものならもっと安心できると思います。こちらは、シグ社などが有名です。

 

シェイカー

シェイカー

そしてスムージードリンクを作る際の定番ものは、シェイカーですよね。作るのは、もちろんこのシェイカーでよいです。しかし、保存となると少々不安なところがあります。と言いますのは、空気がどうしても入ってしまうので、酸化を引き起こしカビが生えてしまう原因になるんですよね。ただし、自宅でスムージードリンクを作り、その場でゆっくりと飲むという場合のみ、他の容器に入れるのも面倒なので、そのままシェイカーに入れていただいています。

 

そうそう特典ってたまには違うものつけて欲しいですよね。いっぱいスムージー買いすぎて、付属のおまけシェイカーが余って困っています(笑)

シェイカー

 

ストロー

ストロー

スムージードリンクを飲む際にちょっとしたコツを伝授させていただきます。それは太いストローを使いながら飲むということ(といっても、100円ショップのものでも十分です)。

ストロー

 

理由は、口にそのまま流し込むよりも量を減らすことによって満腹中枢を刺激して満腹感を演出できること、液体が途中で詰まって吸っているのに口の中に入って行かないということも防げること、水洗いして何度か再利用も可能で経済的なこと、などがあります。それに、一般的な幅のストローですと本当に飲みづらいです、これがまた。

 

最近タンブラーなどをお店でみると、太いストローが予めついているものもあります。またカップタイプのコンビニなどで売っている商品も太めのものが付属していますよね。スムージードリンクを飲む上で大切なことは、なるべく早く空気と多く酸化することを防ぎながら飲むということです。

 

ですので、太いストローで飲むという行為は時間がかかりすぎず、けれど早飲みも防ぐことも出来る合理的な行動です!

 

メイソンジャー

2014年辺りからは、ball社などのメイソンジャーも世間に浸透していますよね。

メイソンジャー スムージー

 

瓶製のメイソンジャーですが、お弁当箱のように包んで持ち歩くスタイルもアリです。その際、さりげなく北欧スタイルの生地なんかだと目を引きますよね。また、スムージーだけではなく、メイソンジャーサラダとかメイソンジャースイーツなどを並べてみるのも楽しい!職場でも週末のお出かけでも、話題のネタにもなるし、いつもと違う自分を演出できること間違いなしです。

 

もちろん、夏など気温が高い環境へ持ち運びする場合は、必ず保冷剤と一緒に保冷バッグに入れて携帯するようにしてくださいね。保冷バックは、100円ショップでも見つかると思います。

 

さいごにまとめ

さいごにまとめ

・・・と偉そうに長々と「保存しないほうがいいよ!」と言ってきましたが、個人的に余裕が無い時には、前日の夜に、次の日の朝食分スムージーを作りおきすることもあるんです。朝はなにかと時間がないから。でも前日の夜ですと、朝に比べて時間が取れるので心にも余裕ができるので、私はもっぱら夜につくり次の日の朝に飲むように心がけています。

 

「効果は劣るだろうけど飲まないよりいいでしょ!」って想いですね。

 

スムージーダイエットを始めたころは飲む直前に作るようにしていました。理由は前述しましたとおり、インターネットサイトなどで意見を参考にすると、スムージーはかびが生えることがあると多く書いてあったので心配だったのです。そして何より、「時間がない!」ですが、しっかりと保存をすれば、前日に作り置きしているものを次の日の朝に飲む分程度にはまったく問題ないです。

 

つまり、スムージードリンクで大切なことは、酸化を防ぎ、なるべく早く飲むということ。

 

どうせ同じ量を飲むなら少しでも満腹感を味わいたいですよね。まして毎日3食の内1食をこのスムージーにするのですから途中飽きがくるのも仕方が無い。そんなマンネリ気味の時期が来てしまったら、あえて飲み方のスタイルに少し手を加えることで、さらにダイエットが楽しくなること間違いなしです。

 

例えば、粉末製の美味しいスムージーを楽しんでみるのも選択肢の一つです。よかったら、うちのサイトのランキングを参考にしてくださいませ。

 

記事下 ボタン ランキング見出しミネラル酵素グリーンスムージー ランキング記事下記事下 記事下ボタン 公式通販ページ記事下 記事下ボタン 商品紹介ページミネラル酵素アサイースムージー ランキング2位記事下ミネラル酵素アサイースムージー 記事下ボタン 公式通販ページミネラル酵素アサイースムージー 記事下ボタン 商品紹介ページヘルシーバンク美容液ダイエットシェイク ランキング3位 記事下ヘルシーバンク美容液ダイエットシェイク 記事下ボタン 公式通販ページヘルシーバンク美容液ダイエットシェイク 記事下ボタン 商品紹介ページ
     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Instagram
DAYS9 見出し
return top