ヨーグルトダイエットの成功方法・メニュー・ルール

     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Instagram

ヨーグルトダイエットの成功方法・メニュー・ルール

目次2

  • 選ぶべきヨーグルトの種類は?
  • 基本のやり方
    • 朝と夜の体重を記録する
  • ヨーグルトでプチ断食
  • ヨーグルトでガチ断食
  • ヨーグルトでファスティング(置き換え)

 

選ぶべきヨーグルトの種類は?

選ぶべきヨーグルトの種類は?

ヨーグルトってたくさんあってどんなヨーグルトを選べばよいのか分からないですよね。ここでダイエットとして食べる際にオススメの選ぶべきのヨーグルトをご紹介。

 

まず、個人的に1番オススメなのがガセリ菌が入ったヨーグルトです。最近大手メーカーがガゼリ菌のヨーグルトを発売、テレビコマーシャル等でよくこのガゼリ菌という言葉を耳にするようになりましたね。

 

ガゼリ菌のヨーグルトがなぜ良いのかといいますと、小腸にとっても良いんです。ダイエットをする際によく注目されるのは大腸で便秘改善!ということが注目されますが、ガゼリ菌にいたっては小腸に働きをかけてくれます。

 

一体どんな働きを欠けてくれるのかと言いますと、小腸で作られようとする悪玉菌を生まれないように発生を抑えてくれるんです。この悪玉菌は小腸だけではなく大腸にもできるものなので、完全に悪玉菌の生まれを防ぐことができるわけではありませんが、悪玉菌を生まれないようにする菌はこのガゼリ菌が圧倒的に影響力が大きいです。

 

次に、是非選ぶべきヨーグルトとして視野に入れてほしいのが、ビフィズス菌です。ビフィズス菌という言葉はよく聞かれるという方、多いのではないでしょうか。ビフィズス菌は、型が様々なんです。ヨーグルトに含まれている菌は、大体決まった形をしていることが多いのですが、このビフィズス菌は型が様々ななので体の隅々までにいきわたってくれます。

 

いつもと何かを変えるために、ただのヨーグルトじゃない仲間を取り入れてみるのもオススメ。食物繊維のような効果がプラスで期待できるカスピ海ヨーグルトや多種の乳酸菌・酵母による美容効果が高いケフィアなど、私の感想を別記事にまとめていますのでお時間あるときに読んでみてください。

 

 

基本のやり方

基本のやり方

午後10~午前2時は腸が活発に動く「腸のゴールデンタイム」。副交感神経は、午前0時過ぎに活動のピークを迎えます。つまり腸の活動が、最も活発になるのにあわせてヨーグルトを食べるのが良いのです。さらには就寝3時間前には食事を済ませて、午後10時には寝るのが理想的です。

 

といっても午後10時に寝るのはなかなか難しいですよね。毎日午後10時に寝ないといけない…と思うとストレスが溜まり、ストレスはダイエットには最もよくないことです。ですので週の1、2日程度はこの午後10時までに寝るという自分の中でマイルールを作るのも良いですよ。私の場合は 仕事がお休み中の1日は午後10時までに寝るというルールを決めています。午後10時までに寝れないときは、この時間に合わせてデザート感覚で200gのヨーグルトを食べます。お昼ごはんを食べ過ぎた日には、このヨーグルトだけにすると、もっと効果的です。

 

夜ご飯兼夜食といったところでしょうか。このときに是非選んでほしいヨーグルトは、LB81菌が入ったヨーグルトです。この菌が入っているヨーグルトは少々お値段が張るのですが、それに伴いしっかりとダイエットに効果を目に見えてだしてくれますよ。悪玉菌が一時的に増えてしまったり(風邪をこじらせる前、実際に風邪を引いたとき、胃腸炎のときなど)したときに腸内は非常にバランスを崩しています。

 

このバランスの崩しをなんとかたてなおそうと動いてくれるのがLB181菌なんです。体調面で不調以外にもストレスなど心身がやんでいるときにも腸内はバランスを崩しやすいです。ですので仕事で疲れた日なんかもLB181菌が入ったヨーグルトを食べると良いですよ。

 

ヨーグルトですが、200g以上食べても、食べ過ぎで体に悪いということはありませんが、カロリーが上がるので200gが適量です、ヨーグルトはビタミンCが少ないので、ビタミンCを豊富に含む果物などと一緒に摂取するといいです。

 

朝と夜の体重を記録する

朝と夜の体重を記録する

毎日、朝と夜に必ず体重計に乗って、時分の体重を正確に把握しておきます。食事のカロリー計算も気になりますが、体重こそ過食・運動不足を顕著に示すバロメーターだからです。体重を定期的に計る週間ができると自然と、食事の際にカロリーの計算を頭の中でするようになります。漠然とダイエットを行なうよりもやる気がアップしますよね。

 

できたら、体重計をメモをされることをオススメします。目に見えてぱっと分かるものがあれば前後で増えた、減った原因をさぐることができるからです。例えば飲み会の翌日は体重がどのくらい増減しているか、便秘気味になっていないか等自分自身の体のことを知る良いきっかけにもなります。

 

「昼は少し食べ過ぎた」という日はもちろん、「こんばんは軽めで我慢できそう」という日は、夕食をヨーグルトだけにします。夕食の摂取カロリーを減らすことが出来るだけでなく、腸内環境が良くなるため、翌朝の体重にいっそう効果が期待できます。そして、この実践の積み重ねこそ、最大限の効果を発揮することになります。

 

ヨーグルトでプチ断食

ヨーグルトでプチ断食

ヨーグルトダイエットというのは3食の置き換え食として良いほかにも、もっと本格的に体重を落としたい!ということでしたら一層のことプチ断食しちゃいましょう!

 

・・・といってもまるまる3食を食べないでヨーグルトのみにするとはじめは体がついてきません。前日までしっかりと食事を摂っていた、もしくは3食の内1食はヨーグルトに変えて残りの2食はきちんと食べていた等の状態からいきなりガチ断食をしたら…かえってストレスでリバウンドをする可能性があります。ですのではじめの頃はプチ断食を心がけましょう。

 

3食の内1食をヨーグルトに置換えていたことをさらに1食分置き換えを増やし3食の内2食をヨーグルトに変えてみましょう。ここでポイントなのは置き換える際に使用してほしいヨーグルトは低脂肪タイプのものということです。ガチ断食をする前準備としてこのプチ断食の期間を乗り越えたいので、甘いカロリーがややお高いヨーグルトを選ぶのは我慢をし、甘さ控えめの低脂肪タイプのものを選びましょう。このプチ断食を3日ほど続けて行なってみてください。

 

初めてのプチ断食で3日間続けることができればすごいことです。この直後の1~2日はしっかりと体を休めることと、少しご褒美としてフルーツ等食べてくださいね。最初は自分自身をアメとムチでうまくコントロールします(笑)

 

ヨーグルトでガチ断食

ヨーグルトでガチ断食

プチ断食で体が慣れてきたかな?と思うのは大体10日前後行なった頃です。これくらいまでプチ断食を実践することができれば次のステップ、ガチ断食も行う体の準備は完了です。
では!ガチ断食をヨーグルトで行なってみましょう。ガチ断食を行なう際にヨーグルトから入るのってとっても良いんですよ。それはただ食事を抜いてカロリーを摂取しないことから体重が増えないという構造からではなく、腸内を整える役割をにないながらダイエットを実践することができるのがヨーグルトのガチ断食の良いところだからなんです。

 

ガチ断食の仕方としては1日お水のみで過ごします。といって寝る前の3時間前ほどにヨーグルトを1個食べてください。ひっきりなしに常に動いている腸がお水だけしか摂取していない朝~昼~夜の間に動きが鈍くなります。この鈍さはとっても大事で早く動きすぎていた腸が元のスピードを取り戻そうとゆっくりとリハビリをしている状態だからなんです。このいわばリラックス状態の腸にさらにお薬(味方)を!それがヨーグルトということなんです。

 

整腸作用がある乳酸菌がお水+αで腸内に投入されることで腸に余計な動きをさせることなく、休めさせつつ整腸をすることができます。人間、食事をしている限り腸内の動きが止まるということはないんです。毎日365日1年間動きっぱなしになると当然つまり(便秘)も発生してきますよね。不思議とガチ断食をしている際はほぼ固形物を摂取していないのに毎日きちんと食事をしているときよりも快便だったりするんです。

 

ヨーグルトでファスティング(置き換え)

ヨーグルトでファスティング(置き換え)

断食のことをお話させていただきましたが、「断食まではちょっと・・・」という方にオススメなのがヨーグルトにてファスティングを行なうことです。ファスティングというのは置き換えるということです。普段の食事の3食の内1食をヨーグルトに置換えます。とっても簡単です。

 

はじめの頃はどんなヨーグルトが良いだろうか…悩まれるかと思いますが、プレーン味でよいでしょう。無脂肪タイプのものや低脂肪タイプのものがありますがそこははじめは手をださず、プレーン味で食べなているお味でファスティング自体になれてください。

 

少し慣れてきたかな?と思ったら、ヨーグルトの種類を変えてみるのです。変えるポイントとしてはカロリーを10キロカロリー前後抑えられたものを選ぶということです。無脂肪タイプ、低脂肪タイプのヨーグルトはプレーン味やフルーツが混ざったヨーグルトに比べるとカロリーが大幅にダウンしますので表示を見ればすぐに分かるかと思います。

 

ファスティング中は間食は控えましょう。どうしても食べたいと思ったら、置換え時にフルーツを加えるとうヨーグルトと共に食品を摂取してください。一緒に摂取することでヨーグルトに含まれる乳酸菌が腸の動きを活発にしてくれ便秘を防いでくれるでしょう。

記事下 ボタン ランキング見出しミネラル酵素グリーンスムージー ランキング記事下記事下 記事下ボタン 公式通販ページ記事下 記事下ボタン 商品紹介ページミネラル酵素アサイースムージー ランキング2位記事下ミネラル酵素アサイースムージー 記事下ボタン 公式通販ページミネラル酵素アサイースムージー 記事下ボタン 商品紹介ページヘルシーバンク美容液ダイエットシェイク ランキング3位 記事下ヘルシーバンク美容液ダイエットシェイク 記事下ボタン 公式通販ページヘルシーバンク美容液ダイエットシェイク 記事下ボタン 商品紹介ページ
     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Instagram
DAYS9 見出し

関連記事

return top