ヨーグルトの違い(ホット、飲むヨーグルト他)とダイエット効果の違い

     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Instagram

ひとくちにヨーグルトといっても、スーパーの陳列コーナーに行くとどれを購入してよいか迷ってしまうほどたくさんのヨーグルトがありますよね。いったいヨーグルトってどんな違いがそれぞれあるのでしょうか。

ヨーグルトの違い(ホット、飲むヨーグルト他)とダイエット効果の違い

目次2

  • すべてのヨーグルトに共通していること
  • 他の乳製品との違い
    • 牛乳
    • チーズ
    • プロバイオティクスヨーグルト
  • ホットヨーグルトとの違い
  • 飲むヨーグルトとの違い
  • 塩ヨーグルトとの違い

 

すべてのヨーグルトに共通していること

すべてのヨーグルトに共通していること

まずは、違いの前にヨーグルト全般に共通してあげられることをご紹介。

 

美容面に関して、ニキビを防ぐ美肌効果を期待することができます。なぜにきびができづらくなるのか、それはストレス解消にもヨーグルトを食べることで繋がるんです。ニキビができづらくなるというのは生活も安定していると言えます。また便秘も解消されるのですが便秘とニキビは深い関係があります。便秘気味ですと体内でしっかりと消化、吸収、デトックスができておらず結果肌にニキビができやすくなってしまうんです。

 

またヨーグルトはストレス発散以外にイライラ等の気持も和らげてくれます。イライラ等がなくなると、自然と体全体も丈夫になり免疫力がつき病気がしづらくなります。

 

他の乳製品との違い

他の乳製品との違い

では、ヨーグルトそれぞれの違いをご紹介しましょう。大まかに言えば、「どの機能にどのくらい改善されるか?」等で違いがでてきます。

 

例えば便秘の改善をしたいということでしたらビフィズス菌が入っているものを選ぶ、このビフィスズ菌便秘の改善以外にも病気の細菌を事前に防いでくれる働きもあります。体全体の免疫力を高めて病気がちの今の状態から打破したいということでしたらLB181菌が含まれているヨーグルトを選べば効果を実感することができるでしょう。

 

毎日食事をする上で絶対に使っている歯。歯というのは保険がきかない部分もあり何十年と共にする上で大切にしたいものでもありますが、この歯を丈夫に、歯周病等を防ぐためにL8020菌が入っているヨーグルトを選びましょう。

 

知名度が高い菌ピロリ菌は体の不調全体に効果をもたらしてくれます。また先ほどあげたビフィズス菌もピロリ菌と同じくらい万能な菌でアトピー皮膚病やがん細胞を撲滅する効果も期待することができます。

 

牛乳

牛乳

乳製品の中でもメジャーでヨーグルトと同じくらい摂取する機会が多いのが牛乳ですよね。この牛乳とヨーグルトの違いって一体何なのでしょう。答えは、牛乳の進化系がヨーグルトと思っても良いでしょう。牛乳を発酵することでヨーグルトができあがります。発酵することで酵素ができあがるんです。この酵素、最近ダイエットで人気の酵素ダイエットの酵素ですね。酵素を体内に摂取することで消化から排出まで働きをかけてくれます。

 

加齢と共に分解する力が弱くなってしまい病気がちになってしまったり便秘気味になったり美容面でもふきでものができて、体全体に不調面がでてきます。酵素が少なくなるとアレルギーに対する力が弱くなってしまうのですがこれらを補うべく酵素が登場します。牛乳だけでも充分栄養面を補給することができますが、ヨーグルトはさらに栄養面を+α備えた状態で体内に吸収してもらえるというわけなんです。

 

チーズ

チーズ

牛乳と同じくらい馴染みのあるチーズ。このチーズとヨーグルトの違いって一体何なのでしょうか。牛乳とヨーグルトとの関係とは少々異なり基本はチーズもヨーグルトも発酵食品になります。ただし、チーズの場合はさらに加熱処理を加えています。ヨーグルトの進化系がチーズといったところでしょうか。

 

加熱し熟成していけばしていくほどチーズは様々なチーズの種類に変化します。乳酸菌で発酵させたチーズですが馴染みのあるチーズとしてはブルーチーズ、白カビができるまで熟成させたカマンベールチーズ、あえて熟成させないモッツアレラチーズ等があります。

 

プロバイオティクスヨーグルト

プロバイオティクスヨーグルト

腸内細菌のバランスを保つなど、人体に良い影響を与える微生物、あるいはそれらを含む食品や製品のこと。プロバイオティクスとは、「生きたままの新たな菌を摂る」ことです。

 

プロバイオティクスが入っている食品って実はたくさんあるんですよ。例えば、味噌。チーズとヨーグルトの違いについて先ほどお話させていただきましたが味噌もチーズと同じ過程である食品を発酵させた商品です。それが大豆を発酵させることで味噌ができるのですが、この発酵過程途中でプロバイオティクスができるというわけなんです。

 

ヨーグルトにもプロバイオティクスが入っています。ヨーグルトからプロバイオティクスを摂取するのが一番手軽なのですが、そもそもプロバイオティクスは腸内に元々含まれている良い菌のバランスを整える作用があります。本来菌というのは私たちの体内にある胃酸等で分解されてしまいなくなってしまうこともあります。この分解を避けるべくプロバイオティクスが登場するのです。

 

チーズにもプロバイオティクスが入っていて特にたんぱく質やカルシウムが他の食品よりも多く入っています。その分高カロリーなのが気になりますがそこは他の食事とのバランスをよくする必要がありますね。

 

調味料で言うとしょうゆにもプロバイオティクスが含まれています。しょうゆを作る過程で乳酸ができるのですが乳製品(ヨーグルトや牛乳、チーズ)とこれが同じ過程なんですね。ですのでしょうゆにプロバイオティクスが含まれているわけなんです。

 

ホットヨーグルトとの違い

ホットヨーグルトとの違い

通常のヨーグルトダイエットとは違い、ホットヨーグルトは違いがあります。その違いとは、まずカルシウムをより多く体内に吸収することができます。温かい状態ですと体内のホルモンがカルシウムを多く吸収しようと頑張ってくれるんです。

 

温かいヨーグルトは冷たいヨーグルトは異なり腸を活発にしてくれます。カルシウムの吸収を高めてくれくれることで体内でより健康的なホルモンを作り出してくれるんですね。

 

飲むヨーグルトとの違い

飲むヨーグルトとの違い

飲むヨーグルトでもダイエットをおこなうことができます。ただし、効果に大きな違いはありません。違いとしましては、ヨーグルトが固形なのかそれとも液体なのか、そこがまず大きく違います。あとは作り方に違いが有ります。

 

通常のヨーグルトは乳製品を発酵させて作り出すのですが飲むヨーグルトに関しては乳製品を発酵させて一旦固形にしたヨーグルトを液状にするんです。この作業を撹拌と呼びます。撹拌作業がうまれることでヨーグルトはさらさらの飲むヨーグルトに変身するわけです。味に違いが少々あり、固形タイプのヨーグルトは甘さは控えめです。一方飲むヨーグルトは固形タイプのヨーグルトと比べると甘さを感じます。

 

塩ヨーグルトとの違い

塩ヨーグルトとの違い

最近流行の塩系食品のダイエット。ヨーグルトにも塩ヨーグルトがあるんですよ。この塩ヨーグルトでダイエットを行なうことで通常のヨーグルトとの違いは何なのでしょうか。塩ヨーグルトは塩が含まれていますので、塩がもたらしてくれる効果がヨーグルトダイエットのほかにダブルで恩恵にこうむれるというわけなんです。

 

塩の効果は、血行をよくしてくれること。血行がよくなると、体内の血液が循環し冷え性の緩和を期待することができます。冷え性のほかにむくみや肩こり等にも効果を期待することができます。具体的におすすめしたいのが、カスピ海ヨーグルト。ずっと流行っておりますが、塩味といっても味は濃すぎず食べやすい味でオススメです。塩ヨーグルトダイエットは塩ヨーグルト単品ではなく料理の味のアクセントにも使える万能ヨーグルトです。

記事下 ボタン ランキング見出しミネラル酵素グリーンスムージー ランキング記事下記事下 記事下ボタン 公式通販ページ記事下 記事下ボタン 商品紹介ページミネラル酵素アサイースムージー ランキング2位記事下ミネラル酵素アサイースムージー 記事下ボタン 公式通販ページミネラル酵素アサイースムージー 記事下ボタン 商品紹介ページヘルシーバンク美容液ダイエットシェイク ランキング3位 記事下ヘルシーバンク美容液ダイエットシェイク 記事下ボタン 公式通販ページヘルシーバンク美容液ダイエットシェイク 記事下ボタン 商品紹介ページ
     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Instagram
DAYS9 見出し

関連記事

return top