善玉菌である乳酸菌を強化!増やす、減らすのに効果的な方法

     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Instagram

善玉菌である乳酸菌を強化!増やす、減らすのに効果的な方法

乳酸菌を直に取り入れる生活。健やかな腸内環境を保つ上で、鍵になるのは善玉菌としての乳酸菌を増やすこと。そのためには、毎日の食生活を考え、悪玉菌や老廃物・有害物質を排出しやすくする食物繊維をしっかり摂ります。逆に、消化不良から腸内の腐敗や悪玉菌の繁殖のもととなる肉類などのたんぱく質をとり過ぎないなどの注意が必要です。

 

それだけでは十分とはいえません。今までの食生活の乱れが蓄積されているからです。そこで、乳酸菌を直に取り入れる食生活が欠かせません。

 

乳酸菌を直接取り入れる方法はとても簡単なんです。一番実践しやすいのは乳製品を食事の中に取り入れるということ。ヨーグルト、牛乳、チーズ等を定期的に摂取することが一番簡単に乳酸菌を体内に直接取り込むことができます。

 

目次2

  • 乳酸菌の生菌と死菌
    • 生きたまま摂取しても・・・
    • 胃酸や胆汁酸で死ぬ
    • 死菌でも免疫力を高めてくれる
    • 生菌は腸を元気にしてくれる
  • 多い・余り過ぎだとどうなるの?
  • 少ない・足りないとどうなる?
  • 少なすぎるのを増やす方法

 

乳酸菌の生菌と死菌

乳酸菌の生菌と死菌

生きたまま摂取しても・・・

生きたまま摂取しても・・・

乳酸菌の一部には胃酸や胆汁酸といった強烈な消化液にも分解されず、生きたままの状態=生菌で腸まで到達するものがあることが明らかになっています。ただし、それらは少数派。

 

ただし、個々の腸内には固有の細菌叢が存在しているため外部からの乳酸菌が定着したり、定着するのはかなり難しいと言われています。

 

胃酸や胆汁酸で死ぬ

胃酸や胆汁酸で死ぬ

食品によって補った乳酸菌は、そのほとんどが胃酸や胆汁酸に分解され、大腸に辿り着く前に死んでしまうことがわかっています。死菌の乳酸菌では、腸内の善玉菌として悪玉菌と戦うのは無理なはずですが、大丈夫。がんばって乳酸菌を摂る食生活には意味があります。

 

死菌は決して無駄な菌ではありません。死菌だからこその役割もあります。腸にへばりついた消化しきれなかった消化物を一緒に体の外に排出するという役割もになってくれます。ただし、あくまでメインは生きた乳酸菌を体内に取り込み、乳酸菌パワーで体内を健康的にするということ。

 

死菌でも免疫力を高めてくれる

死菌でも免疫力を高めてくれる

乳酸菌の死菌は、菌の体を行使していた糖タンパクや細胞質、核酸などの物質が分解され、腸の壁に対してある働きかけを行うのではないかという可能性が考えられています。

 

腸の壁というのは、どんなに健康な人でも100パーセント何も消化しれなかったものがついていないということはありません。便秘気味ではない人でも何かしら消化しきれないものが腸の壁についてしまっております。この腸の壁についた汚れを取り除いてくれるのが死菌です。また免疫力も高めてくれます。

 

免疫力を高めてくれるだけではなく、血圧を下げてくれたり、血清コレステロール値を低下させてくれる作用なども期待できるんです。免疫細胞の70%が集中しているという腸壁の免疫スイッチに当たる部分をこの菌体成分が刺激することで、腸内に免疫物質が分泌、それによって体の免疫力が強化・調整され、様々な病気を予防するのではないかと言われています。

 

また、生菌や固有の善玉菌のえさとなって、これを増やしたり、菌のしがいが悪玉菌の好む有害物質などを吸着して排出する働きも期待されます。えさとなることで生菌の力は増しより私たちの体内が健康的になります。

 

生菌は腸を元気にしてくれる

生菌は腸を元気にしてくれる

固有の細菌叢に定着するのは難しく、長時間と腸にとどまることはできないという説もあります。でも、この生きて腸に届いた乳酸菌は便として排出されるまでの間、腸内の糖分を分解して乳酸を作るなど、悪玉菌にとって住みにくい環境を作り、さらに、相性が良ければ善玉菌と共闘を行う場合もあり、その効果を大きくしてくれます。

 

なによりも生菌は腸内の有害物質を作りづらくさせてくれます。腸内が菌で汚染されるとその結果は体全体に及びます。はじめは便秘気味から症状は発生し、のちに痛みを伴う腹痛、めまい、嘔吐…と症状が続きその後もその症状が長引く…なんてことはざらです。

 

生菌というのは乳酸や酢酸という成分を体内で作り出します。乳酸は聞いたことがあるという方多いのではないでしょうか。一生懸命走った後は乳酸が足に溜まりやすいなんていいますが、乳酸って体にとても良い成分なんですよ。腸内の他の菌(微生物等ですね)に利用され、腸内の有害菌を減らしてくれます。これは結果的に腸の調子を整える効果があります。腸の調子が整われると免疫力が高まるので悪玉菌、がん細胞等を撃退してくれる効果も期待することができます。

 

また腸壁へ死菌として定着するタイプの菌も発見されるなど研究がどんどん進められていて期待が高まります。

 

多い・余り過ぎだとどうなるの?

多い・余り過ぎだとどうなるの?

「乳酸菌を多く取りすぎてしまったな・・・」と思ったときは、毎日乳酸菌を摂取するのではなく1日おきに摂取するのが良いですよ。多く乳酸菌を取りすぎてしまっているな…と実感しているということは、腸内はきちんと乳酸菌を栄養として吸収して腸の調子が良いということ。

 

また乳酸菌はヨーグルト以外からも摂取することができます。毎日同じ、または類似した商品から似たような乳酸菌を摂取するのは避けたほうが懸命です。なぜなら乳酸菌同士がケンカをしお互いを傷付けあい死菌へと導いてしまう可能性があるからです。

 

乳酸菌同士がケンカを起こしていると起こる症状は、いつもよりも 口臭が気になる(自覚症状になるほどです)、お腹がゆるい気がする(いつも便秘気味の方は快便へとなりますが毎日快便という方は、少し下痢気味になる傾向があります)、便が酸っぱいニオイがする等です。

 

少ない・足りないとどうなる?

少ない・足りないとどうなる?

逆に乳酸菌の摂取量が少ないとどうなるのでしょうか。ヨーグルトから乳酸菌の量を毎日定期的に摂取することができない…ということでしたらさほど心配する必要はありません。胃や腸内には実は100種類以上の菌がいます。これは食物から摂取された菌の種類ではなく私たちの体が作り出す菌の数。

 

ただこの体内で作り出された菌だけですどうしても生きたまま働きを担ってくれる菌の数は限られてしまいます。そこで乳酸菌がたっぷりと入っている乳製品を体内に取り込むことで結果的に 栄養吸収を行い 生きたまま体内で作り出すことの出来ない菌を取り込んで体を健康的に維持するのです。体内で作り出された菌と食物から摂取した菌同士がケンカをしあうことはありません。菌が協力しあって体内で健康的な体作りを行なってくれます。

 

多すぎる(過剰摂取・過多)のを減らす方法

多すぎる(過剰摂取・過多)のを減らす方法

そもそも乳酸菌が減ってしまう原因…なのですが一番の原因は普段の食事生活が関わっています。昔だったらありえない期間の賞味期限。長く保存がきくように人工的に加工された食品が大量に販売されています。これはとてもありがたいことなのですが、体内にいたっては少々都合が悪いんですね。

 

保存料、防腐剤と乳酸菌は共存しあうことができません。よって保存料、防腐剤がたっぷりと入っているとその分乳酸菌は入っていないということなんです。普段の食事から乳酸菌を定期的にとりたいのですが、摂っているつもりでも摂れていないということになってしまうんです。

 

また食事以外にも乳酸菌が減ってしまう原因はあります。それはストレスです。ストレスが溜まると何が影響されるのかというと自律神経が悪い意味で刺激されてしまうんです。自律神経がくるってしまうと様々な臓器の働きが鈍くなってしまいます。例えば食べ物を吸収する胃。自律神経がおかしいと胃の中にある胃酸が減ってしまい結果的にうまく消化しきれなくなってしまいます。

 

またストレスが原因で乳酸菌の数が減ってもしまいます。乳酸菌が減ってしまいますと免疫力が下がって、風邪を引きやすくしたり病気がちになります。

 

少なすぎるのを増やす方法

少なすぎるのを増やす方法

乳酸菌は勝手に増えてくれるものではありません。体内で乳酸菌の種類が少なすぎている状態のときは逆に悪玉菌の数が多いということでもあるので、この乳酸菌を摂取することで善玉菌を増やし悪玉菌を撃退する必要があります。少なすぎる善玉菌を増やす方法としてはまずは体内から乳酸菌を取り入れましょう。

 

食物は具体的にヨーグルト、牛乳が良いですね。ヨーグルトは、LB181やビフィズス菌がたっぷりと入っているヨーグルトが良いです。よく成分について分からないということでしたら、トクホの商品を購入されることをオススメします。失敗がありません。

 

あるいは、多種の乳酸菌が含まれるヨーグルトの仲間であるケフィアを食べるのも良い方法だと思います。

 

 

また、体内で乳酸菌を増やす方法としましては、食物から摂取した後に運動を行なうことが大切です。運動は乳酸を増やすような陸上競技、スイミング、バドミントンなど全身を動かすようなスポーツを行なうことが良いですね。

 

いずれにせよ、できる限り、生きたまま菌を体内に取り込みたいので、腸の中を綺麗に保つこと。そのためには乱れた食生活を行なわないということが大切です。

 

記事下 ボタン ランキング見出しミネラル酵素グリーンスムージー ランキング記事下記事下 記事下ボタン 公式通販ページ記事下 記事下ボタン 商品紹介ページミネラル酵素アサイースムージー ランキング2位記事下ミネラル酵素アサイースムージー 記事下ボタン 公式通販ページミネラル酵素アサイースムージー 記事下ボタン 商品紹介ページヘルシーバンク美容液ダイエットシェイク ランキング3位 記事下ヘルシーバンク美容液ダイエットシェイク 記事下ボタン 公式通販ページヘルシーバンク美容液ダイエットシェイク 記事下ボタン 商品紹介ページ
     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Instagram
DAYS9 見出し

関連記事

return top